気になるレーシック手術の使用器具

気になるレーシック手術の使用器具


気になるレーシック手術の使用器具
レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。

レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。




気になるレーシック手術の使用器具ブログ:2021/3/06

ちょうど1年前のこと、
わたしの小学校時代の、それも8歳の頃の友人と再会し、
会う機会が増えて本当に嬉しいのですが…

三つ子の魂百までって言うけれど、
本当に今も波長が合って…
子どもの心って本当に素直だったんだなぁ~と思うのです。

損得なしの友人ですから、
失くしたくないと願っていたものの一つなんですよね。

その友人にはいつか逢いたい!って
実は長い間考えていたんです。

それが去年の1月、本当に偶然に再会し、
わたしは「これは奇跡だ!」と思いました。

その友人は今もそうですが…
かわいくて頭が良くて、よく伸びる歌声に憧れていました。
本当に素敵な声。

互いに成長と共に変わっていったこともあるし、
成長と共に愛しいものであったり…

子どもの頃のことって案外覚えているんですよね。
大人から見るとそうでない気もしたりするのだけど…

子ども時代の記憶って、
儚かったり、どこまでが現実なのかということもあるのだけど、
ちょっとした光景や情景や…
いろんな機会が昔の本当に純粋だった自分にも逢わせてくれている…

いつの間に、忘れていたんだろう…
自分が子どもだったということ。

純粋に誰かのことが好きで
一緒にいたくて、そのことが楽しくて、
どの友人の家庭の事情も知っていたり知らなかったり、感じていたり、
でもそんなことはどうでも良くて…

ただその友人や家族がいて、
わたしもいて、わたしの家族もいて…

みんな家庭の環境も
その後の進路も人生も全然違うのが当たり前。
なのにいつからか社会の波にみんな少しずつ飲まれていって…

子どもの頃の友人と再会して、
忘れていた大切なものを
どんどん取り戻しているような気がします。
気になるレーシック手術の使用器具

気になるレーシック手術の使用器具

★メニュー

自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
最も気になるレーシックの治療費用
適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用することの出来るレーシックを探そう